お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック「医療案内=よくある質問、疑問にお答えします」に〈仔犬の食糞、うんこを食べる(付録:犬の嬉ション)〉を更新しました

2018年11月03日

今回の「仔犬の食糞、うんこを食べる(付録:犬の嬉ション)」は、医療案内ではないのですが、ここ数年非常に増えている質問です。

そして飼主様にとって「誰にも言えない悩み」として、勇気を出しての質問になる場合もある、可愛いうちの仔の困っている事のひとつです。

ということで

◆「仔犬の食糞、うんこを食べる(付録:犬の嬉ション)」

率直に言って、当院に来院するショップで導入された仔犬さんの60%は食糞します。

私見ですが、感染症予防等の観点から早期に親兄弟から隔離され一頭飼育される事の弊害?と私は考えています。

まあ単純に一人で暇なのでウンチで遊んでいる延長が食糞行為となるのでは?です。

個の飼育は健康管理としては優れているのですが、全てにおいて完璧では無いって事です。

で、改善策は・・・

一発改善策は無いです。

ペットショップに行くと食糞が治るサプリメントやフードが売っていますが、迷う程たくさんありますね。

何で?どれも効かないから?バッチリなら何種類も無いでしょ、です。

サプリメントやフード変更での狙いは、便の臭いや味を変化させて、仔犬に嫌悪感を与え食糞を止めさせるという作戦なので、効果が一定とはならないのです。

じゃあ、どうするの?

いっぱい遊んで、いっぱい散歩して、しっかり疲れた状態で食事を与える⇒ウンチして眠くなる⇒疲れているので暇では無い⇒食糞しない、が、王道の対策です。

もちろん排便したら直ぐに片付けるはお約束。

エーッ!とお怒りを受けそうですが、王道が正道なのです。

相手は生き物、Aをしたらパリッとイロハとは・・・なかなかどうして。

直す?治す?ではなく、困った癖に対する「対策」をってことです。

がっかりした飼主様ごめんなさいね。

「わかったわ、いっぱい遊んで、いっぱい散歩して・・・の時間を楽しむわ」の方向に気持ちが向いてくれると嬉しいなぁと思います。


◆付録

通称:犬の嬉ション・興奮ション=喜んでor興奮して尿をチビル状態

これも食糞と同じくお困り事・・・飼主様が帰宅して犬さん大喜び!⇒床や壁(喜びシッポのおかげです)は、アレアレアーってなわけで・・・

このご質問は「ペットショップでは大人になれば治りますよ・・って言われたんです・・・」の言葉とセットの事がホントに多いのですが、生後9か月を過ぎても治らない場合は一生?と思ったほうが無難です。

これまた直す?治す?ではなく、困った癖に対する「対策」をってことです。

ちなみに私の奥さんの実家の犬は一生涯、嬉ションワンコだったそうです。

奥さんいわく「お出かけの際は玄関にペットシーツをお忘れなく」だったそうです。


◆関連トピック↓

【HP掲示板】
「動物さんと暮らす上での心得関連」のお話はコチラ
この↑ページは「心得関連」のリンク一覧ページです
(トップページの掲示板からも閲覧できます)
※今回の食糞や嬉ションのお話は「心得」とは少し離れていますが、仔犬のトレーニング関連もこの一覧ページにあるので貼り付けました

【HPお知らせ版】
その他のニュースはこちら



医療トピックからだと見つけにくい、見づらいとのお声もありますので、このページにも医療トピックと、ほぼ同じ内容文を記載しました。

ご覧になりやすいほうでご覧頂ければと思います。

「医療トピック」のページでの閲覧はこちら
「仔犬の食糞、うんこを食べる(付録:犬の嬉ション)」

医療トピック」は、他にも色々な情報を記載してます。

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック