お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック「ちょっと気になる情報」に〈スズメバチに刺されると!(ワクチン接種時の注意点)〉更新しました。

2013年09月26日

秋は、「スズメバチ」の季節です。

なぜ動物病院で、スズメバチの話?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

私自身が哺乳類以外も好きなこともあるのですが、スズメバチのお話は、ドン・ペット・クリニックで、ワクチン接種の際に良く出る話題なので、季節柄スズメバチ被害のシーズンでもあることだし、ということで今回は「スズメバチに刺されると!(ワクチン接種時の注意点)」です。

毎年ニュース等でも、ミニ特集をよく組んでいるのを見かけるので、どちらかというと認知度は高いと思われる話題です。

医療トピックからだと見つけにくい、とのお声がありましたので、このページにも医療トピックと、ほぼ同じ内容文を記載してあります。

ご覧になりやすいほうでご覧頂ければと思います。

「医療トピック」のページでの閲覧はこちら→スズメバチに刺されると!(ワクチン接種時の注意点)

医療トピック」は、他にも色々情報のせてあります。


◆「スズメバチに刺されると!(ワクチン接種時の注意点)」

秋は、「スズメバチ」の季節です。

スズメバチは夏場から10月にかけて巣を大きくするため、働き蜂の数が増え、特に被害が多くなります。

最近は、都会の生活ゴミなどをエサにする知恵を付け、都市部にも生活圏を広げているようです。

ご存知の方も多いと思われますが、「ハチ刺されは2度目からが危ない!」って聞いた事ありませんか?

ハチに刺されたことのある人が、再びハチに刺されると、5人に1人がハチ毒に対するアレルギー反応により、蕁麻疹や吐き気、むくみなどの全身症状が現れる「アナフィラキシー」を発症します。

さらに、そのうち数%は急激な血圧低下や意識障害などのショック症状に陥り、死に至ることもあるのです。

ハチに刺されて亡くなる人は、年間20人前後にもなるそうです。

スズメバチは黒い物に襲い掛かる性質があるため、白っぽい服装をしていれば刺される確立は低くなるそうな。

ハチを見かけたら刺激しないように、慌てずゆっくりとその場を離れるが、肝心ですね。

と、まぁこういった事で、ワクチンのアレルギー反応も同じ理屈になりますから、ドン・ペット・クリニックでワクチン接種の際、わかりやすいかなと思い、スズメバチ君の話題が登場することがよくある、というわけなのです。


★ ワクチン接種の時は、

接種前後は疲れやすい事(シャンプー等)は、避け、

本人が 元気、食欲OKで、

接種後はご自宅で、様子の観察ができる余裕のある日に、

午前中、もしくは夕方6時位までに接種を受ける、

を、ぜひ心掛けましょう ★


【「犬:注射関連」のお話、リンク一覧ページ】


【「猫:注射関連」のお話、リンク一覧ページ】


これは、下記に記載分以外も含む、注射関連のお話を集めたリンク一覧ページです。
ドン・ペット・クリニックHP掲示板からの閲覧も可能です。


■ 関連トピック↓


【医療トピック版】
アナフィラキシーショック
(ワクチン副反応を例として)



【医療トピック版】
ドン・ペット・クリニックの
ワクチン副作用・副反応、発生状況

(1996開院~2012,7月現在)
新たな発生に伴い更新します


※スマートフォンご利用の方へ
医療トピック」は、スマートフォン版による反映の場合、上手く表示されない事もあるようです。
もしそのような時は、お手数かけて申し訳ないのですが、PC版に切り替えて反映すると良いこともあるようです。

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック